カワイイxカガク

【参加者募集中:学部生&修士生対象】沖縄科学技術大学院大学(OIST)博士課程説明会@東京&大阪

取材日:2016年5月

「大学院進学を考えているけど、ちょっと不安」「海外の大学院受験、どう準備したらいいかわからない」・・・そんな学生のみなさんを沖縄科学技術大学院大学(OIST[オイスト])が応援するため、博士課程に関する説明会「OIST Cafe in東京(6/4)」、「OIST Cafe in大阪(5/28)」を開催します。

OIST%20Café%20in%20Tokyo

「世界最高基準の経済的支援×研究×博士課程」

OISTは「世界最高基準の経済的支援×研究×博士課程」を誇る大学院大学です。多くの外国人学生・教員とともに、分野の壁を超えた学際的研究に取り組んでいます。沖縄の豊かな自然に囲まれたキャンパスや、充実した研究設備に加え、経済的支援に関してもとても充実しています。

研究職や進学を検討している学生のみなさん、ぜひ今回のイベントに足を運んで、詳しいお話や進学に関する不安などを相談してみてはいかがでしょうか。

下記のような方は、是非参加してみて!

・研究職や進学に興味がある!

・進学したいけど、費用のことで悩んでいる…

・海外留学に興味がある!

・進学に悩んでいる…、アドバイスがほしい…

・英語で自分のコミュニケーション力を高めたい、試してみたい!

・将来どの分野で研究をしたら良いかのか迷っている…

・国際的な環境や、科学の分野で活躍してみたい!

・最先端の研究や機器に興味があります!

OIST Cafe概要

 イベントでは、以下のような内容が予定されています。

(1)英語の簡単なコミュニケーションゲーム

(2)英語で実施されているOISTの教育環境について

(3)博士課程生の研究生活について

(4)教授/准教授が語る研究生活

(5)博士課程&7月に実施される入試説明について

Image 4

 

 OIST Cafe in東京

日時:2016年6月4日(土)、15:00~17:00

場所:東京都港区高輪 3-26-33 TKP 品川カンファレンスセンター 京急第10ビル 4F

定員:45名

詳細・申込:https://groups.oist.jp/node/12491

スピーカー:イェ・ジャン准教授 (生体模倣ソフトマターユニット)

イベントの初めに参加者同士で英語の簡単なコミュニケーションゲームの様な事を行い、OISTでの英語での教育について簡単に説明があります。次に、ドイツ出身のOISTのPhD学生を招き当学の研究や博士課程について、学生の視点で沖縄での学生生活についてお話をしてもらい、その後、ジャン准教授にOISTで推奨されている「学祭的教育」として、分野の壁を超えた研究に関し自らが行っている研究の例などを交えたお話しが伺えます。最後に、OISTの博士課程及び日本に在住する学生を対象に行われる7月の入試に関しての説明が予定されています。

 OIST Cafe in大阪

日時:2016年5月28日(土)、15:00~17:00

場所:大阪府大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル15階 イオンコンパス

定員:30名

詳細・申込:https://groups.oist.jp/node/12409

スピーカー:山本雅教授 (細胞シグナルユニット)

イベントの初めに参加者同士で英語の簡単なコミュニケーションゲームの様な事を行い、OISTでの英語での教育について簡単に説明があります。次に、阪大出身のOISTのPhD学生を招き当学の研究や博士課程について、学生の視点で沖縄での学生生活についてお話しをしてもらい、その後、山本教授にユニットで行なわれている癌やダイエットのテーマなど、人の日常生活に関わる研究のお話しを伺い、最後にOISTの博士課程及び日本に在住する学生を対象に行われる7月の入試に関しての説明が予定されています。

Image

 【写真】昨年のOIST Cafeの様子:「コミュニケーション研修」として他企業の方を招き、国内外のビジネスでもアカデミアでも通用するコミュニケーションスキルを磨くちょっとしたセミナーを行っている際の写真です。参加者参加型のアクティビティのため、理系学生同士でどのような方法で自分たちの研究や知識をより分かり易くプレゼンテーションできるかを考えている場面です。

 沖縄科学技術大学院大学について

沖縄科学技術大学院大学(OIST)」は基礎科学を基盤とした高度な学際的教育を行なうことを重視している5年一貫制の博士課程を持った【大学院大学】です。コバルトブルーの沖縄の海を眼下に望むキャンパス内は学生・教員の半数以上を外国人が占め、教育と研究も全て英語で行われています。

物理・化学・数学・海洋科学・神経科学やライフサイエンス・・・といった幅広い分野の研究が行われ、そうした分野の壁を越えた共同研究や交流が盛んに行われています。

毎年約20名の学生が入学し、一人の教員が少人数の学生を指導する体制となります。学年は毎年9月に始まり、8月に終わります。入学前の期間(4月~8月末)に、希望者は語学研修を受けることが可能です。

学生には生活費や医療、住居、育児などの研究生活に必要な支援が提供され、国際的にも恵まれた経済支援制度のもと、研究に集中できる環境が整えられています。

最先端機器を備えたラボで、世界トップレベルの研究者による懇切な指導のもと研究が行えます。なので、OISTの学生が博士課程を修了する頃には、 基本的な知識や実践的なスキルだけでなく、その後のキャリア形成に必要な世界レベルの研究者とのネットワークを構築していける大学院大学です。

1 DSC_53652

 

 

 

 

 

 

今お読みになっているのは・・・?

Loading ... Loading ...