カワイイxカガク

2016夏休み:中高生から大学生を対象としたサイエンス系イベント情報(キャンプ、スクール、ワークショップなど)!

2016年夏! 充実した夏休みを過ごしたいと考える高校生・高専生・大学生におすすめのカガク情報を随時お届けします。

世界の10代の「幸せ」をジオ・コスモスに描こう! 若手クリエーターと演出・デザイン・プログラミングに挑戦する5日間【女子中高生募集】

20160602_01_02

 【写真】日本科学未来館のシンボル展示「ジオ・コスモス」は、1000万画素を超える高解像度で、宇宙空間に輝く地球の姿をリアルに映し出す世界初の「地球ディスプレイ」。リアルな地球の姿を眺めることができます。重さ130トン、直径6メートル。(出典:日本科学未来館)

 

「Picture Happiness on Earth」

日本科学未来館では、女子中高生を対象としたサマーワークショップ「Picture Happiness on Earth」を開催します。

「幸せってなんだろう?」をテーマに、アジア・太平洋地域のこどもたちと、日本の女子中高生がコラボレーションし、世界にひとつしかない地球ディスプレイ「ジオ・コスモス」に映し出すコンテンツをつくりあげるワークショップ!

参加者は各日程ごとに2チーム(計6チーム)に分かれてワークショップを行います。作画ソフトやプログラミング未経験者でも、映像づくりのプロフェッショナルである若手クリエーターの指導のもと、演出、デザイン、プログラミング、シナリオ作成などを学びながら、科学データを使った論理的な考え方、伝え方を通して、100億人が暮らす地球の幸せのかたちを一緒に模索し、3日間で映像作品をつくり上げます。そして、各チームが完成した作品は、「ジオ・コスモス」の常設コンテンツとして上映されます!!! ← スゴイ!!!

20160602_01_05

 【写真】映像コンテンツ:日本科学未来館は世界各地の研究者、表現者たちの協力のもと、地球に関するさまざまな科学データを可視化し、球体ディスプレイの可能性を追求するコンテンツを制作。
コンテンツ例: ワールドプロセッサー パワード バイ ジオ・コスモス「平均寿命」(左)と土地分類地図(右)。(出典:日本科学未来館)

ワークショップは全5日間!

[日程]

ワークショップ(3日間) ※A、B、Cから希望日程を選択

A:8月19日(金)、20日(土)、27日(土)10:00~18:00

B:8月19日(金)、21日(日)、28日(日)10:00~18:00

C:8月19日(金)、22日(月)、29日(月)10:00~18:00

プレゼンテーション(2日間)

制作した映像作品を日本語と英語で発表

11月19日(土)※練習

11月20日(日)※本番

※英語のプレゼンテーション研修を予定

[会場]日本科学未来館

[参加費用]:無料

※会場への交通費や昼食代など、参加に要する費用は各自負担

[応募と選考]

 1) 女子中高校生、もしくは13~18歳の女性

2) 5日間の開催日すべてに参加できる方

3) 日本語によるコミュニケーションが可能な方

4) 未来館に通うことができる方

5) 保護者の許可を得た方

[募集人数]90名程度

※応募多数の場合は、応募内容をもとに選考

[応募方法]応募フォームに必要事項を記入

[応募締切り]7月19日(火)24:00

[選考基準]

1) ジオ・コスモスのコンテンツ作りに積極的に取組み、楽しみながら新しい知識や映像コンテンツ制作スキルの習得に挑戦したい方 2) 海外に暮らす同年代の生徒達との交流に興味のある方

[選考結果]

 2016年7月22日(月)に応募者全員にメールで選考結果通知

 はっぴネス

 【写真】各国で開催されたワークショップの様子:中国、フィリピン、マレーシア、オーストラリア、シンガポール、日本の子供たちが100億人が暮らす地球の「幸せ」を考えました!(出典:日本科学未来館)

 

科学や技術、人と出会う「女子中高生夏の学校2016」【女子中高生、保護者、教員】

 文系に進むのか?理系に進むのか?まだ悩んでいる人。既に理系の道へ進むことを決めている人。ちょっと不安な人。夢を抱いている人。そんな色々なコトを考えている女子中高生のためのプログラム「女子中高生夏の学校2016」が2016年8月6日(土)~8月8日(月)に開催されます。このイベントは女子中高生本人だけ、もしくは保護者も一緒に、そして先生方も参加できる2泊3日の合宿型研修プログラムです。※一部を除き女子中高生、保護者、先生は別カリキュラムとなっています。

13335832_1046033918814230_7000757060878651208_n

 昨年は、南は沖縄県、北は北海道から100 名を超える女子中高生が参加。また、彼女たちを応援する学校の先生や保護者の方も参加しました。そして「後輩に科学の楽しさを伝えたい!」と集まった40 名を超える理工農学系の女子大学生や女子留学生のTA(Teaching Assistant)、女性を中心とした100 名を超える研究者・技術者・中学校・高校の教員が参加し、参加者総数が300 人以上となる大きなイベントです。

 2泊3日の合宿研修を通じて、女子中高生と科学研究者・技術者、大学生・大学院生等が少人数を単位に親密に交流し、理系進路選択の魅力を伝えるものです。理系の分野も様々です。この機会に、より深くより広く自分たちの視野を広げてみませんか?

※女子中高生の進路選択について、身近な支援者である保護者や教員向けのプログラムもそれぞれ設定しています。子どもの将来像が描けるよう、よきアドバイスやサポートができるように理系進路選択についての理解を深めます。

 

【開催概要】

●日程:2016年年8月6日(土)~8月8日(月)

●参加者:

(1)科学・技術の分野に興味・関心のある女子中学3年生~高校3年生、高等専門学校1~3年生)100名 ※文系、理系は問いません。どちらの道に進もうか迷っている人もぜひご参加ください。

(2)保護者&教員:50名  ※保護者は上記女子中高生と一緒に参加する場合のみ ※教員は生徒の引率がない場合も可能

 会場: 国立女性教育会館(NWEC) 〒355-0292 埼玉県比企郡嵐山町菅谷728番地

 申込方法:

(1)申込方法:下記Web申込フォームより

女子中高生夏の学校2016」申込フォーム(女子中高生用

女子中高生夏の学校2016」申込フォーム(保護者用

女子中高生夏の学校2016」申込フォーム(教員用

(2)申込期間 :2016年5月24日(火)~6月24日(金)17:00時まで

※応募者多数の場合は、書類選考により参加者を決定します。※選考の際は、初めて参加する方を優先します。※参加申込は1校につき2名までとさせていただきます

(3)決定通知 :7月8日(金)までに本人宛にEメールにて通知

※連絡手段は原則Eメール(progdiv@nwec.jp)になりますので、受信設定を確認ください

 参加費など:

(1)参加費:無料

(2)宿泊費及び食費 :8,100円

  ※食物アレルギーがある方:参加申込の申込フォーム「連絡事項」の欄に具体的に記入

  ※前泊・後泊(1泊1,200円)をする場合は、別途宿泊費が加算

(3)交通費の補助

参加女子中高生のうち、交通費が学割を適用して往復30,000円を超える方のみ、その費用の一部を補助予定 (人数によっては補助できない場合があります)

(4)保険への加入 :参加者全員に保険加入。詳細は参加決定時に通知

 

【スケジュール】(予定)

 <第1日 8月6日(土)>

【共通】開校式|13:00~13:30

【共通】「自分の将来について考えよう」|13:30~14:00

【共通】キャリア講演|14:15~15:45

【女子中高生】学生企画「Cross Raod」|16:00~17:30

 【保護者&教員】夏の学校を知る|16:00~17:30

夕 食 |18:00~19:00

【女子中高生】学生企画「サイエンスバトル!?」|19:15~20:45  

【保護者&教員サイエンスカフェ| 19:15~20:45

【共通】天体観望会<希望者のみ>|21:00~22:00

【女子中高生】国際交流「英語相談所」<希望者>| 21:00~22:00

【共通 】キャリア・進学懇談会<希望者のみ>| 21:00~22:00

 

 <第2日 8月7日(日)>

【女子中高生】サイエンスアドベンチャーⅠ|9:00~11:30

【保護者&教員】実験・実習の参加・見学 | 9:00~11:30

昼 食 |11:30~12:45  集合写真の撮影 |12:45~13:00

【女子中高生】サイエンスアドベンチャーⅡ|13:00~15:50

【保護者&教員】講演Ⅰ |13:00~14:00  

【保護者&教員】サイエンスカフェⅡ|14:00~15:00

【保護者&教員】講演Ⅱ |15:00~15:50

【女子中高生】学生企画「Gate Way」|16:00~17:30

【保護者】サイエンスカフェⅢ-A| 16:00~17:30

【教員】サイエンスカフェⅢ-B|16:00~17:30

【共通】交流会 |18:00~19:00

【女子中高生】学生企画「キャリア・プランニング」|19:15~20:45

【保護者&教員】サイエンスカフェⅣ「海外理工系事情」|19:15~20:45

【共通】キャリア・進学懇談会<希望者のみ>| 21:00~22:00

【女子中高生】国際交流「もっと話そう英語」<希望者のみ>|21:00~22:00  

 <第3日 8月8日(月)>

【女子中高生】キャリア・プランニングポスター発表会| 9:00~11:00

【保護者】夏の学校を振り返る| 9:00~10:00  

【教員】夏の学校を振り返る |9:00~10:00

【保護者&教員】キャリア・プランニングポスター発表会見学|10:00~11:00

【共通】学生企画「夏学振り返りと表彰式」| 11:15~11:45

【共通】サイエンスアンバサダー任命式・閉校式 |11:45~12:15

 

●主  催:独立行政法人国立女性教育会館(NWEC)

●共  催: 日本学術会議 「科学者委員会 男女共同参画分科会」(予定)  お茶の水女子大学(申請中)・沖縄科学技術大学院大学(申請中)

●後  援: 男女共同参画学協会連絡会・埼玉県教育委員会(申請中)

 

セキュリティ・キャンプ全国大会2016【22歳以下の学生対象】

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、日本の情報セキュリティを牽引する若手人材(22歳以下の学生)を対象とした第13回「セキュリティ・キャンプ全国大会2016」を開催します。本キャンプは4泊5日の合宿形式のイベントで、今年は8月9日から13日が開催日となります。昨年は14歳~22歳の参加者がサイバ-セキュリティの知識と技術を学びました。

セキュリティキャンプ画像01

【開催目的】

  最近、報道で多く取り上げられている標的型攻撃や遠隔操作ウイルスなど、サイバー攻撃の手口はますます複雑化・巧妙化し、影響範囲も拡大しつつあり、社会全体に対する非常に大きな脅威となっています。セキュリティ・キャンプは、これらの情報セキュリティの脅威に適切に対処できる情報セキュリティ人材の発掘・育成を目的とし、情報セキュリティへの関心が高く、技能を高めたいという意欲のある若年層を選定し、我が国の情報セキュリティ向上に資する、最先端の情報セキュリティに関する知識・技術と高い倫理観を兼ね備えた人材の輩出を目指します。

 このような環境の中、セキュリティ・キャンプから、セキュリティ業界に留まらず各方面から、高度なIT人材育成の有益なイベントとして認知も高まってきており、計530名の将来が有望なIT人材が輩出されています。

 【参加者イメージ】

●参加者のレベルをある一定以上におくことは考えておりますが、セキュリティ関係の技術的裏づけがない方でも、Linuxや WindowsのGUI操作および基本的なコマンドラインの操作や簡単なプログラミングができる方であれば参加できます。

●セキュリティに関する基本的な知識として、例えば、ウイルスを防御する方法や自分のPCをネットワークにつなげて安全に使用するための方法について、基本的な事柄が大体理解できていることは必要かと思います。

●全般的には、講義の中で、自分が非常に興味ある科目、あるいは一定程度を理解している科目が一つでもあれば大丈夫ではないかと思います。

情報セキュリティに興味があり、学習しようという意欲のある方であれば、まずは応募してみることをお勧めします。

【キャンプ概要】

開催期間: 2016年8月9日(火)~13日(土)

会  場: クロス・ウェーブ幕張

      海浜幕張駅(JR京葉線)北口から徒歩約3分

集合日時: 2016年8月9日(火)11:30~12:00

参加資格: 日本国内に居住する22歳以下の学生・生徒(2017年3月31日時点の年齢)

参加費用: 無料

※交通費(自宅から会場間の往復分。算出経路は主催者側で指定させていただきます)、宿泊、食事(3食)、受講費用、テキスト代、機器/施設使用料等を、主催者が負担します。

募集人数: 50名程度

応募方法:https://www.ipa.go.jp/jinzai/camp/2016/zenkoku2016_oubo.html

応募締切:2016年5月30日(月) 17:00まで

詳  細:https://www.ipa.go.jp/jinzai/camp/2016/zenkoku2016.html

 

【講義内容】

 全体講義:参加者全員に対して実施する座学を中心とした講義です。サイバーセキュリティを学ぶ上で必要となる基礎的な概念を学ぶ「セキュリティ基礎」、倫理観の形成を目的とした「特別講義」、参加者同士のコミュニケーションのための「グループワーク」等を設けています。

全体講義の詳細:https://www.ipa.go.jp/jinzai/camp/2016/zenkoku2016_kougi.html

 専門講義:少人数で実施する演習を交えた講義で、同一時間帯に実施される以下の講義の中から1つの講義を選択して受講します。

アプリケーショントラック /  IoTトラック / 検知トラック / 解析トラック / 集中講義

※参加前に、事務局から希望する講義をお聞きして決定します。定員の都合等によりご希望に沿えない場合がございますので、予めご承知おきください。

【2015年の参加者】

・参加者数 :50名(男性46名、女性4名)

・参加者属性:中学生3人(6.0%)、高校生4人(8.0%)、高等専門学校生4人(8.0%)、専門学校生4人(8.0%)、大学生35人(70.0%)

・参加者年齢:14歳~22歳(平均年齢 19.2歳)

[参加者の感想]

(中学3年生) 男性 講義はバラエティに富んでいて、心から勉強になったと言えるものが多かったです。 スケジュールもかなり詰まっていて、この濃厚な5日間で得られたものは大きいと思っています。

(専門学校3年生) 女性 著名な講師陣の講義を受け、お話もできて、書籍もたくさんいただいて、仲間も増えて、いいことしかなかったです。 勉強とはこんなにも楽しいことかと、今まで味わったことのない感覚もありました。

(大学3年生) 男性 キャンプが終わった今でも、キャンプ生との交流は続いており、SNSなどを通してお互い刺激しあい、自身の技術や知識を高めています。「わからない時には素直に聞くことができ、何か成果が出た時には共有しあうことの出来る相手」を得られたのは、セキュリティ・キャンプならでは強みであると感じました。

 セキュリティキャンプ画像02

【写真】2015年の様子

君が作る宇宙ミッション【対象:高校生&高専生(1~3学年)&高校生相当の年齢】

きみっしょん

第15回 君が作る宇宙ミッション

宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、2016年8月1日(月)~5日(金)の4泊5日、宇宙科学の最前線を体験できる魅力的な体験学習型プログラム「君が作る宇宙ミッション」の参加者を募集しています。 締切り:5月23日(月)

※宇宙ミッションとは、宇宙探査計画・任務などを意味する言葉です。

参加者は、数人のチームごとに宇宙ミッションを立案・調査・議論し、最終日に発表を行います。期間中は多くの大学院生・研究者を交えた意見交換により、JAXAならではの本格的な研究活動を体験することができます。

【概要】

対象: 高校生、3年次までの高専生、高校生相当年齢の方

定員:20名程度

日程: 2016年8月1日(月)~ 8月5日(金) 4泊5日

場所: JAXA相模原キャンパス

参加費:無料

※交通費・食費は自己負担 

※宿泊費(キャンパス内の施設に限る)無料

応募方法:以下の2つを提出 ※郵送以外は不可

1.申込書 (用紙Aに次の10項目を明記)

①氏名ふりがな、②性別、③生年月日、④住所、⑤電話番号、⑥Emailアドレス(任意)、⑦学校名、⑧学年、⑨「君が作る宇宙ミッション」を知ったきっかけ、⑩「君が作る宇宙ミッション」に応募した理由

 2.作文(以下の2つの設問から1つ選び、用紙B(A4用紙 2枚以内)を自由記述)

※必要に応じて、図や表・グラフ等を用いても構いません。

※図や文章を文献等から引用した場合、参考文献としてその引用元を明示してください。 ※両方の設問に回答した場合、審査の対象外となります。

【Q1】あなたの好きな地球上の生物が、太陽系のいずれかの惑星に移住するとします。その生物がその惑星に適応するためには、どのような進化が必要だと考えられますか?

(1)惑星の環境を示し 、それを根拠に

(2) 進化後の姿と生態を具体的に説明してください。

【Q2】将来、人類が直面する課題には何がありますか。その課題解決のために、宇宙開発はどのように貢献できると考えられますか?

(1)その課題が生じる 理由 を示してください。また、

(2)具体的な解決方法を提案してください。

 郵送先:〒2525210 神奈川県相模原市中央区由野台311

    JAXA 宇宙教育センター 君が作る宇宙ミッション事務局

 応募締切:2016年5月23日(月)必着

プログラム詳細http://www.isas.jaxa.jp/kimission/index.shtml

『きみっしょん』は、「自ら考え、自ら決定し、自ら作業する」をモットーにしています。 研究者は、人から「教わる」のではなく、自らの発想をベースに、「自ら考え、自ら決定し、 自ら作業」しています。 どんな答えが出るかやってみるまでわからない、そういう課題に挑戦する「科学研究」の楽しさを体感します。

 迷っているあなた、是非昨年の参加者のブログを読んでみてください。

アジアサイエンスキャンプ 2016【対象:高校生/大学生/大学院生】

Asia Science Camp

アジア30カ国・地域の仲間と一緒に体験する科学の祭典「アジアサイエンスキャンプ2016」@インド

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)は、2015年8月21日(日)〜27日(土)にインドで開催される「アジアサイエンスキャンプ2016」に派遣する物理、化学、生物、数学分野の科学に興味を持つ高等学校、中等教育学校、高等専門学校、大学、大学校(高校2年〜大学2年相当)の生徒・学生20名を募集しています。※締切り:4月25日(月)

アジアサイエンスキャンプとは?

アジアサイエンスキャンプはノーベル賞学者や世界のトップレベルの研究者による講演、講演者がリードするディスカッションセッションなどにより、アジアからの参加学生が直接科学の面白さを体験し、また学生同士の交流を深める場です。

これまで、台湾(台北|2007年)、インドネシア(バリ|2008年)、日本(つくば|2009年)、インド(ムンバイ|2010年)、韓国(テジョン|2011年)、イスラエル(エルサレム|2012年)、日本(つくば|2013年)、シンガポール(2014年)、タイ(パトゥムターニー|2015年)で開催され、30カ国・地域から270名が参加しています。

 ※2005年のリンダウ会議の際、小柴昌俊博士(2002年ノーベル物理学賞受賞者)とYuan T. Lee 博士(1986年ノーベル化学賞受賞者)の間で、アジアの若者のためにトップレベルの学者と若い学生の交流プログラムをはじめたいと発案されました。

 

アジアサイエンスキャンプ2016参加者募集要項

第10回となる今年は、インドのIT都市バンガロールの科学シンポジウム会場「J. N. Tata Auditorium」にて8月21日~28日の開催となります。プログラムはすべて他国の生徒・学生とともに英語で学びます。世界のトップレベルの科学者からの扇を受けて、アジア各国の仲間たちと出会うことができるチャンスです。

 応募にあたっては、下記および募集要項の内容をよくご確認ください。

参加者募集要項 印刷用PDF〈PDF形式:300KB〉

 

派遣時期:2016年8月21日(日)〜17日(土)

募集人数:20名 ※高校生の派遣員を主として募集し、大学生の派遣リーダーを若干名募集

会場:インド・バンガロール「Thailand Science Park Convention Center」

参加費:無料

応募用件

[派遣員]

(1) サイエンスキャンプ開始時点で、日本国内の高等学校または高等専門学校の2~3年生と中等教育学校の後期課程の5~6年生かつ年齢が16歳から21歳までであること。

(2) 自然科学(物理、化学、生物学)または数学に高い意欲と秀でた能力を有し、英語による議論、講演など全日程に参加できる

(3) 日本派遣団の一員として相応しい行動が取れる

(4)英検2級程度の英語力を持つ

(5)パスポートの取得が5月末までにできる

[派遣リーダー]

(1) サイエンスキャンプ開始時点で、日本国内の高等専門学校の4~5年生または大学、大学校の1~2年生かつ年齢が16歳から21歳までであること。

(2) 自然科学(物理、化学、生物学)または数学に高い意欲と秀でた能力を有し、英語による議論、講演など全日程に参加できる

(3) 日本派遣団の一員として相応しい行動が取れ、派遣員をリードする役割を担える

(4)英検2級程度の英語力を持つ

(5)パスポートの取得が5月末までにできる

 必要書類:

  1. 参加申込書をダウンロード
  2. 成績証明書
  3. 担任教員による推薦書
  4. 英語による作文
  5. 日本語による作文
  6. 英語関連の証明書(任意)

 応募締切:4月25日(月)必着

 結果:応募書類を審査のうえ参加者を決定し、5月中に選考結果は書面にて通知

少しでも興味が湧いてきたら、是非「アジアサイエンスキャンプ2016」のサイトで詳細を確認ください。過去の参加した日本派遣壇の報告書もあります。2015年(タイ)2014年(シンガポール)

 

今お読みになっているのは・・・?

Loading ... Loading ...