カワイイxカガク

2015 中秋の名月:自分の目で夜空を見て、月の魅力を味わおう!

2015年9月27日(日)中秋の名月

中秋の名月image1 中秋の名月と聞いてみなさんは何を思い浮かべますか。 月を見上げながら、月見団子を食べるイメージの方もいらっしゃると思うし、月のなかの”うさぎ”を思い浮かべる方もいらっしゃると思います。このように、「中秋の名月」という言葉自体に親しみがある方は多いのではないでしょうか。

しかし、中秋の名月っていつなの?とか詳しいことは知らない方がほとんどだと思います。そこで、みなさんに中秋の名月についてちょっぴり”通”になってもらう2つのポイントをご紹介したいと思います。

 *ポイント1:中秋の名月っていつ?

 中秋の名月とは、いつなのでしょう。竹取物語でかぐや姫が8月15日(旧暦)の中秋の名月に月の都に帰ったことで有名ですが、実はこれは旧暦で、現在の暦ではありません。昔は、7~9月が秋であったため、そのちょうど真ん中の8月15日が中秋の名月となっていました。では、どのようにして決まっているのでしょうか。それは9月23日の秋分の日に最も近い新月の日から14日後が中秋の名月ときまっているのです。今年で言うと、9月13日が最も秋分の日に近い新月の日であるため、その14日後の9月27日が2015年の中秋の名月の日なのです。つまり、毎年異なり、年によっては10月になることもあるのです。

図1

    そもそもなぜ秋に月を見るのでしょうか。なぜなら、北半球の日本では、夏に太陽が高度が低くなるのと同じように、月も夏・冬で高度の高低が激しい。そして、見上げるに程よい高さの春・秋がまず考えられました。そして、春・秋では、秋の天気のほうが比較的穏やかでよいため、秋が月を見るのにふさわしい季節となりました。春と秋では、悪い天気となる低気圧が発生する場所が異なるのです。春は夏に向けて日光が強さを増すため、陸が暖かく海が冷たい一方で、秋は、冬に向けて日光がだんだん弱くなるため、陸が冷たく海が暖かくなるのです。そのため、春は大陸で、秋は海洋で低気圧が発生するのです。

 *ポイント2:2015年の中秋の名月の翌日は、今年で一番満月が大きい

 今年の中秋の名月は満月の前日ですが、月はほとんど円と変わらない形として見えると思います。そしてポイントとなるのが、9月28日の満月はスーパームーン(成就の神様)だということです。よって、9月27日の中秋の名月も、かなり大きな月を見ることができるでしょう。地球の軌道が楕円軌道となっているため、地球は月との距離が近くなったり遠くなったりします。これによって満月が近くで大きく見えるスーパームーン現象が起こるのです。また、ニューヨークやワシントン(現地時間の27日夕方から)、イギリス、フランス、スペイン(9月28日の未明から)などの場所では、スーパームーン皆既月食を楽しむことができるのです。海外の友人などがいる人はぜひお知らせしてみて下さい。

9月27日(中秋の名月)&9月28日(スーパームーン&皆既月食)が天気に恵まれることを心から祈ります♪

 

[参考文献]
「星空年鑑2015」株式会社アストロアーツ
Yahoo! JAPAN 知恵袋: http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1446806239
AstroArts 中秋の名月: http://www2.astroarts.co.jp/special/2015moon/index-j.shtml

 

ライター:加藤萌玖(東京学芸大学附属高等学校)

今お読みになっているのは・・・?

Loading ... Loading ...