カワイイxカガク

女性が活躍できる職場 x 自分の興味関心がある仕事だから頑張れる!

株式会社ミライト ドコモ事業本部 第一エンジニアリング部 第一建設推進部門

企業編田中 昌美さん

株式会社ミライト ドコモ事業本部 第一エンジニアリング部 第一建設推進部門

福岡工業大学 情報工学部 情報通信工学科 卒業。研究テーマは「電磁波の回折について」

取材日:2014年1月

福岡工業大学で情報通信工学を学び、総合エンジニアリング&サービス会社の株式会社ミライトに就職した田中昌美さん。携帯電話の基地局工事で現 場仕事をバリバリこなし、25才で結婚、そして出産。現在、5歳の双子のお子さんを育てながら、仕事と家事・育児を両立しています。そんな田中さんから理 系キャリアの道のりを伺いました。

理系や大学を選んだ理由

mirait_ph1

理系をめざした理由を教えていただけますか?

最初は「エンジニア」と名がつく仕事に漠然とした憧れがありました。理系科目は苦手だったのですが、苦手なだけに挑み甲斐があると思いましたし、理系ならツブシが利くだろうと考えました…(笑)

【写真】元気に走り回っていた子ども時代(本人:写真上)

福岡工業大学を選んだ理由は?

大学の第一印象は、キャンパスがきれいで設備が充実していること。奨学金制度があり、成績上位者には学費が半額または全額免除されることも大きかったです。それに、電磁波工学の研究室があることも魅力でした。

電磁波工学に興味があった?

高校の数学の授業で、先生がパラボラアンテナを例に放物線を説明されたんです。「数学・物理を勉強すれば、この世界で起きる現象の答えが出るん だ!」とわかり、興味を掻き立てられました。通信のしくみを知りたいと思い、「これが仕事になったらいいな」とぼんやり考えはじめたのもその頃です。

mirait_ph2

大学での学びは?

大学では勉強漬けの毎日でした。奨学金が受けられる枠にどうしても入りたいという明確な目標がありましたし、見ること聞くことなにもかもが新しくて、勉強が楽しくてしかたがなかったです。

【写真】勉強を頑張った大学時代

就職活動について

就活はいかがでしたか?

「早く社会に出て働きたい」と思っていたので、通信業界や製造業を中心に40社程度エントリーしました。ここでも大学の就職課のバックアップが手厚 くて、就職セミナーや模擬面接を何度も受けました。自己分析シートへのアドバイスもいただけて、「ひとりで就活を闘っているのではない」という気持ちにな れて、とても心強かったです。

ミライトに就職を決めた理由は?

mirait_ph3

会社のWEBサイトに「移動体通信」「通信設備」「エンジニア」など、興味を惹かれる言葉があったことが最初の志望動機です。ただ、企業訪問しよう にも九州から上京するのでスケジュール調整がうまくいかなくて。そこで採用担当の方にダメモトで相談したところ、私だけのために個別説明会を開いてくださ り、「女性も活躍できますよ」と、性別を感じさせない対応でした。

 

入社後~これからのこと

実際に女性の活躍の場がありましたか?

はい。最初に配属されたのは、携帯電話の基地局開設を行う工事事務所でした。作業着とヘルメット姿で現場に行き、装置が正常に動作することを確認す るのが私の仕事。基本的に屋外作業で、高所作業も日常的にこなしていました。工事事務所で女性は私ひとりでしたが、「女性だからこれは無理だろう」と言わ れたことは一度もありません。

恵まれた職場で、とても充実した時間を過ごされたんですね。その後、結婚・出産を経験されたとか。

入社4年目に結婚し、すぐに妊娠。このときは「仕事を続けていいのだろうか」と、ずいぶん悩みました。ひとりで悩んでいても解決できないので直属の 上司に相談したところ、「出産後のことは出産してみないとわからない。とりあえず、悩むのは出産後にしてみたら」とアドバイスをいただきました。

上司の方もとても協力的だったんですね。

はい。妊娠中は高所作業などができないのでデスクワークに変えてもらい、その後産休・育休を取得しました。

mirait_ph4

産休・育休の取得期間は?

実は子どもが双子だったので、産休・育休併せて1年半休ませていただきました。復職後はもとの部署にいったん戻り、その後「現場工事の経験を活かせる部門があるから」と現在の部署へ異動になりました。今は携帯基地局工事の進捗管理を担当しています。

ワーキングマザーの毎日はいかがですか?

子育ては「待ったなし」。毎日目が回る忙しさです。でも、仕事を続けたおかげでオンとオフの切り替えができ、気持ち的にも助かっています。

出産後、仕事に対する意識が変わりましたか?

出産前はやりたい仕事を好きなだけやっていましたが、出産後は自分の時間が制約されるので「期限」をとても意識するようになりました。タイムスケジュールをきっちりと立て、1分たりともムダにしない気持ちで業務に臨んでいます。

就活でしっかり企業を見極めたことが正解でしたね。

ミライトは福利厚生制度が充実していますし、男女間の差別もありません。会社説明会で感じたとおりの「社員を大切にする企業」でした。今、私が仕事を続けられるのも周囲の方々から理解と協力をいただいているおかげ。その期待に応えられるように、日々努力したいです。

今後の目標を教えていただけますか?

第一に周囲から信頼される仕事をすること。そして子どもたちが成長したとき、胸を張って自分の仕事の話ができる母親でありたいですね。

素敵なお話をありがとうございました。

  • カメラマン:工藤 玲久
  • ライター:宇都宮 雅子

今お読みになっているのは・・・?

Loading ... Loading ...