カワイイxカガク

申込受付中!Googleの奨学金制度:科学技術分野で頑張る女子学生を応援します!

応募者募集中!Googleが2004年に設立したアニタボルグ記念奨学金制度。女性がコンピュータとテクノロジーの分野でリーダーとして活躍することを奨励する奨学金プログラム。

取材日:2015年5月

Googleの理工系女子学生を対象とした奨学金制度

Googleは多様性に富んだ企業文化を常に大切にしているグローバル企業です。中でも、女性のテクノロジー分野における活躍を支援するための方法を常に考えています。そのひとつが2002年にスタートした「アニタ ボルグ記念奨学金制度」です。

※現在Googleでは、「アニタ ボルグ記念奨学金制度」への募集を行っております!!(申込締切り:2015年5月27日)

AB_写真1

“世界的な奨学金に申し込むことをためらいましたが、どんな結果でも受け止めようとベストを尽くすことを決意しました。”(2013年奨学生の声より)

“まだ「やりたいこと」「好きなこと」がわからない、「視野を広げたい」という強い気持ちがある。そんな皆さんに是非応募してもらいたいです。ス キルがないから色々なプロジェクトやイベントに参加するのをためらってしまうのでは「もったいない」。スキルや知識を向上させるために、是非一歩踏み出し てください。” (2014年奨学生の声より)

アニタ ボルグ記念奨学金:アジア太平洋(APAC)って?

アジア太平洋(オーストラリア、ニュージーランド、日本、韓国、東南アジア、インド)の学部と大学院に所属する女子学生を対象とした奨学金プログラムです。女性のコンピュータとテクノロジーの分野での活躍を奨励することを目的とした制度です。(詳細はコチラ=> https://www.google.com/anitaborg/apac/jp/

アニタ ボルグ博士って?

テクノロジーの影響力は経済、政治、社会、私生活のすべての面に及ぶと、アニタ ボルグ博士は考えていました。技術的な専門知識とたゆむことのないビジョンを結びつける彼女の才能は、多くの女性にテクノロジーの楽しさを伝える原動力と なり、1997 年に女性と技術研究所を設立しました。現在、この組織は彼女の遺産を元に存続し、彼女の名を冠してアニタ ボルグ女性と技術研究所(www.anitaborg.org)となっています。

ボルグ博士は、コンピュータ分野はもちろん、それ以外の分野でも無数の女性たちの人生を変えてきました。女性が技術革新に参加し、リーダーとして参加できるのは彼女のおかげといっても過言ではありません。

アニタ ボルグ博士×Google

ボルグ博士は、「50/50 by 2020」構想で、2020年までにコンピュータ サイエンスの学位を取得する学生における女性の割合を50%にまで高めることを提唱しました。しかしながら、現在のところその割合は、全世界において50%に大きく及んでいません。

そこで、アニタ ボルグ博士の友人でもあった Google 社員らが、彼女のビジョンを促進する取り組みの一環として、この奨学金プログラムを創設し、女性がコンピュータとテクノロジーの分野で卓越し、ロールモデルやリーダーとして活躍することを奨励しています。

応募資格

  • 2016年において学士、修士、博士課程に在籍する女子学生であること。
  • 中国、香港、台湾を除くアジア太平洋地域の大学に在籍していること。永住者、留学生も応募できます。
  • コンピュータ サイエンス、ソフトウェアエンジニアリング、もしくはそれに近い専攻に在籍のこと。
  • リーダーシップを発揮し、コンピュータサイエンス分野における女性の関わりを増大することに情熱を持っていること。

応募方法

下記内容を含むオンライン アプリケーションをご記入ください。

  • 連絡先、現在及び 2016 年の在籍機関
  • 最新の履歴書。(日本語もしくは英語)
  • 成績証明書(大学院の場合は、学部の成績証明書も含む)。
  • 小論文 3 本。(日本語もしくは英語)

応募締切

2015 5 27 (水)

★質問がある場合は、よくある質問をご覧頂くか、anitaborgapac@google.com までお問い合わせください。

 AB_写真2皆様からのご応募をお待ちしております!by アニタボルグ奨学生コミュニティ

※Googleでは、アニタボルグ奨学金だけでなく、学部生を対象としたインターンシップなど、様々な取り込みも行っているので、興味がある方は今すぐこちらもクリック!http://kawaiixscience.com/companies/360

(※1)2015STEP (Summer Trainee Engineering Program):学部生を対象としたGoogleの新しいインターンシップ

今お読みになっているのは・・・?

Loading ... Loading ...